M2Bコミュニケーションズと日本サテライト・コミュニケーションズ
スラヤ衛星によるLoRaWAN™ バックホール実験を実施

代表的なLPWA方式であるLoRaWAN™を推進している株式会社M2Bコミュニケーションズと、スラヤ衛星向け携帯電話機等を販売している日本サテライト・コミュニケーションズ株式会社は、LoRaWANの基地局に相当するゲートウェイをスラヤ衛星回線経由でクラウド側のサーバーに接続する実験に成功しました。

実験では、株式会社エイビット製のLoRaWAN装置とセンチュリー・システムズ株式会社製の衛星ルーターを用いて、センサーデータがスラヤ衛星回線を経由してクラウド上のサーバーに届くことを確認しました。

LoRaWANのゲートウェイは、通常、携帯電話事業者の3GやLTE回線あるいはイーサネット等をクラウドへの接続回線(バックホール)として使用するが、山岳部や島嶼地域などではこれらの回線を使用できない場合が多くあります。

スラヤ衛星はアジア、アフリカ、オセアニアの広い地域をカバーしており、小型軽量の装置にて、比較的安価なパケット料金で利用ができることから、農業、牧畜、資源、防災などの広範な分野でのセンサー情報収集に利用できるものと期待されます。

(※ LoRaWAN™の名称はSemtech Corporationの商標)

(実験系統図)



■会社概要
株式会社M2Bコミュニケーションズ
代表取締役社長 田中 雅人
本社 東京都八王子市南町3-10
ウェブサイト http://m2b.jp/

日本サテライト・コミュニケーションズ株式会社
代表取締役 和田 哲幸
本社 東京都港区新橋2-5-6 大村ビル4F
ウェブサイト http://www.jsc.ne.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社M2Bコミュニケーションズ 担当:都竹
E-Mail: pr@m2b.jp

M2Bコミュニケーションズとフューチャーが資本業務提携
LoRaWAN™による地方創生IoT事業を開始

株式会社M2Bコミュニケーションズ(代表取締役社長:田中雅人、以下M2B)とフューチャー株式会社(代表取締役会長:金丸恭文、以下フューチャー)と資本業務提携を締結致しました。本資本業務提携の締結にあたり、M2Bが取扱うLoRaWAN※によるIoT通信プラットフォーム事業とフューチャーが展開する地方創生IoT事業とを融合させ新たなるビジネスを図ることといたします。

M2Bは、日本においていち早くLoRaWANに取り組んでおり、LoRaWANを推進する業界団体「LoRa Alliance」において日本初のコントリビュータとしてLoRaWANの日本規格策定に関わっています。

M2Bはすでにフューチャーと共同で、千葉県柏市、及び京都府与謝野町において、LoRaWANを利用した実証実験を開始しています。今後は実験結果を活かしながら、商用利用に向けて取組みを進めるとともに、LoRaWANの導入支援とコンサルティング事業も開始いたします。

フューチャーは「顧客・社会の未来価値を最大化させること」をミッションに、ITコンサルティング事業をはじめ、最先端のテクノロジーを駆使して社会に変革をもたらす様々なサービスを展開しています。

※ LoRaWAN とは
LoRaWANは全世界のIoT関連企業400社以上が加盟するLoRa Allianceが仕様策定とエコシステム拡大を推進しているオープンな通信規格で、10年近いバッテリー寿命や数キロ以上の通信距離などの特徴を持ちます。

*************************************************************************************
■会社概要
会社名     株式会社M2Bコミュニケーションズ
代表取締役社長 田中 雅人
本社      東京都八王子市南町3-10
ウェブサイト   http://m2b.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社M2Bコミュニケーションズ 担当:都竹
E-Mail: pr@m2b.jp

M2B コミュニケーションズ、アジア向けに拡張された LoRaWAN™の最新仕様に対応

株式会社 M2B コミュニケーションズ(代表取締役:田中雅人、以下 M2B)は、M2M/IoT に適した省電力・ 長距離の通信を実現するLoRaWAN(*1)のアジア向け拡張仕様に対応する機器の開発を完了したことを発表いたしました。
M2B は、LoRaWANの普及を推進する業界団体LoRa Alliance™における日本唯一のコントリビュート・ メンバーとして、日本/アジア向け仕様の制定に関わってまいりました。このたび、LoRaWAN 1.0.2 及び LoRaWAN Reginal Parameters 1.0 により、日本、ブルネイ、カンボジ ア、香港、インドネシア、ラオス、ニュージーランド、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムのアジア 11 か国にも対応する規定が追加されました。今回の仕様に準拠した各国では、大量生 産によるコスト削減が期待されると共に、日本で開発された LoRaWAN 対応機器をこれらのア ジア各国にて利用することが可能になります。

M2B では、株式会社エイビット及びLoRa Allianceに加盟するメンバー企業と協力して、最新仕様対応機器の技術基準適合認定を取得し、パートナー企業との実証実験を開始する予定です。
*1 LoRaWAN は全世界の IoT 関連企業 約4百社が加盟するLoRa Alliance が仕様策定とエコシステム拡大を 推進しているオープンな通信規格であり、10 年近いバッテリー寿命や数キロ以上の通信距離などの特徴を持ちま す。

■株式会社 M2B コミュニケーションズは、LoRaWAN を推進する業界団体LoRa Alliance における日本初のコントリビュータとしてLoRaWAN仕様の策定に参加しています。

M2Bコミュニケーションズとウフル、IoT/M2M向けに LoRaWAN™を活用した独自ソリューションを共同開発

株式会社M2Bコミュニケーションズ(代表取締役社長:田中雅人、以下M2B)と株式会社ウフル(所在地:東京都港区 代表取締役:園田崇、以下ウフル)は、IoT/M2Mに適した省電力・長距離の通信を実現する省電力広域(Low Power Wide Area(以下、LPWA))ネットワークのひとつの方式である「LoRaWAN」(※)を活用した独自ソリューションを共同開発することに合意しました。第一弾として、BeaconとLoRaWANを組み合わせた建物内の物品管理ソリューションの開発を開始しています。

 

IoTに関するシステム・サービスを商用展開する際、ネットワークの問題は、デバイスやセキュリティと共にサービスそのものの成否を左右する重要な構成要素となります。中でも、次世代通信規格であるLPWAネットワークは長距離・省電力という特徴があり、普及のカギになると注目を集めています。LPWAネットワークの中で、国内でも大手キャリアの参入や実証実験などが進んでおり、市場の注目を集めているのが、「LoRa® Alliance」が推進する「LoRaWAN」です。

 

M2Bは、日本においていち早く「LoRaWAN」に取り組んでおり、「LoRaWAN」を推進する業界団体「LoRa Alliance」において日本初のコントリビュータとして「LoRaWAN」の日本規格策定に関わっています。M2Bとウフルは、既に「LoRaWAN」を利用した実証実験を共同で開始しており、商用利用にむけた取り組みを進めています。

 

ウフルは多くのIoT開発案件を手掛けてきた実績およびそこから得られた知見を背景に、コンサルティング、AIの研究開発、システムインテグレーション、マーケティングまでを一貫して提供できる体制を整え、IoTの実用化を推進しています。

 

M2Bの持つデバイス開発および低消費電力通信に関するノウハウと、ウフルの持つ、IoT領域でのコンサルティングノウハウやデジタルマーケティング領域での実績、Salesforceをはじめとするクラウドインテグレーションでの高い技術力によって「IoT×マーケティング」の領域における高いシナジーが生まれることを期待しています。

 

今回の共同開発に伴い、M2Bの提携先でもあるIoT通信プラットフォーム「SORACOM」を手掛ける株式会社ソラコムと共に「最新のLPWAテクノロジー「LoRa」〜LoRaの概要とIoT活用事例のご紹介」と題したセミナーを下記の日程で開催いたします。
セミナーでは、「LPWA」「LoRaWAN」技術の概要や最新動向、適用のためのヒントに加え、共同開発したソリューションの動体デモをご紹介します。

 

 

■セミナー概要
主催:株式会社ウフル / 株式会社ソラコム / 株式会社M2Bコミュケーションズ
日時:2016年09月28日(水)15:45〜18:30 (15:30 開場)
場所:ウフル本社セミナールーム
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル4F
定員:90名
受講料:無料(但し懇親会参加の場合は参加費1,000円を頂戴いたします)

 

内容:ご挨拶:15:45〜15:50
株式会社ウフル 上級執行役員 IoTイノベーションセンター所長 八子知礼氏

 

第1部: 15:50〜16:30
IoTを加速するLoRaWANの技術
株式会社M2Bコミュケーションズ 代表取締役 田中雅人

 

第2部: 16:30〜17:10
SORACOMxLoRaWAN 省電力広域ネットワークへの取組み
株式会社ソラコム 事業開発マネージャー 大槻健氏

 

– 10分休憩 –

 

第3部: 17:20〜18:00
実案件から見えてきたIoTへの正しい取り組み方〜 PoCで終わらせない秘訣 〜
株式会社ウフル IoTイノベーションセンター 竹之下航洋氏

 

第4部: 18:30〜19:30
(希望者のみ)セミナー講演者、参加者による懇親会
参加費1,000円(ご希望者には領収書発行いたします)
セミナー登録時またはご来場時にスタッフに参加意向をお伝えください。

 

※ 「LoRaWAN」 とは
「LoRaWAN」は全世界のIoT関連企業391社が加盟する「LoRa Alliance」が仕様策定とエコシステム拡大を推進しているオープンな通信規格で、10年近いバッテリー寿命や数キロ以上の通信距離などの特徴を持ちます。

 

■M2Bについて  http://m2b.jp/
株式会社M2Bコミュニケーションズは、日本において「LoRaWAN」を推進する業界団体「LoRa Alliance」において日本初のコントリビュータとして「LoRaWAN」の日本規格の策定に関わっております。IoT通信プラットフォームを提供するソラコムと戦略的業務提携を行い「LoRaWAN」を利用したLPWAネットワークの実証実験を開始、商用利用にむけた取り組みを進めています。

 

■ウフルについて http://uhuru.co.jp/
株式会社ウフルはシステムインテグレーション、コンサルティングを中心に顧客のクラウドサービス活用を支援しております。創業以来、インターネットによる革新的なサービスがお客様企業の価値向上につながる事を目指し「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げています。
salesforce.com社の提供するSalesforceの導入及びシステム開発事業、IoTに関するコンサルティング、PoC(概念実証:Proof of Concept)を始めとするIoT事業、マーケティングオートメーションやクライアント企業のマーケティングデータを集約するマーケティングプラットフォームの構築事業など「クラウドインテグレーション」「IoT」「マーケティング」の3領域を中心に事業を拡大しております。

 

*************************************************************************************
■会社概要
会社名     株式会社M2Bコミュニケーションズ
代表取締役社長 田中 雅人
本社      東京都八王子市南町3-10
ウェブサイト   http://m2b.jp/

 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社M2Bコミュニケーションズ 担当:吉津
E-Mail: pr@m2b.jp

社名変更及び新体制についてのご案内

株式会社M2B通信企画は、株式会社ソラコム及び株式会社ABBALabとの資本提携にともない、2016年5月25日付けて社名を株式会社M2Bコミュニケーションズへ変更致します。
 
【新社名】
和文社名: 株式会社M2Bコミュニケーションズ
英文社名: M2B Communications
 
【新会社の取締役】
代表取締役 田中 雅人
取締役   田代 務
取締役   渡辺 誠
取締役   玉川 憲
取締役   安川 健太
取締役   加藤 義博
監査役   坂本 勝哉

株式会社M2B通信企画が株式会社ソラコム、株式会社ABBALabと資本提携、「LoRaWAN™」によるIoT/M2M通信プラットホーム事業を展開

株式会社 M2B通信企画(代表取締役社長:田代 務、http://m2b.jp/、以下、M2B)は、株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:玉川 憲、https://soracom.jp/、以下、ソラコム)、株式会社ABBALab(本社:東京都千代田区、代表取締役:小笠原 治、http://abbalab.com/、以下、ABBALab)の2社から資金調達を実施しました。
 
M2Bは、日本においていち早く、LPWAネットワーク方式、「LoRaWAN™」(※)に取り組んでおり、「LoRaWAN」を推進する業界団体である「LoRa Alliance」における日本初のコントリビュータメンバとして「LoRaWAN」の日本規格策定に関わっております。今後「LoRaWAN」を利用したLPWAネットワークの実証実験を開始、商用利用にむけた取り組みを進めてまいります。
このたびの、ソラコム及びABBALabとの資本提携を通じて、IoT/M2M業界の一層の発展を積極的に推進し、市場のさらなる活性化を図ってまいります。また、IoT通信プラットフォームを提供するソラコムと戦略的業務提携を推進します。
 
M2Bは、アンライセンスバンドを用いたIoT/M2M通信プラットフォームを事業化するために設立された企画会社です。弊社は、「Machine to Business」、機械を用いてモノゴトをネットワーク化することにより、ビジネス分野での新たな価値創造を目指します。今後、国内の大規模実証実験を経て、本年度中に事業会社化を進めていく予定です。
 
※LoRaWANとは
「LoRaWAN」はIBMとセムテック等が開発したIoT向けの無線ネットワーク方式です。サブギガの920MHz帯を使用した次世代無線技術の中で、LoRaWAN方式は低消費電力で長距離伝送可能な通信方式として注目されています。